江戸川区南部での車査定のおすすめルート

江戸川区の南側には葛西駅がありますが、その駅の路線は国道318号線と交差しています。その国道北側に進みますと、318号線と10号線が交差している地点になります。その周辺エリアは、車の買取店がとても多いです。

 

もしも江戸川区で車の買取を行いたいと考えているならば、その場所ではかなり効率的な車査定ができると思います

 

北側のお店で査定を受けてから交差点の近くのお店で車を見てもらう

 

まず前述の交差点から北側には、買取店が1件見えてきます。まずそこで査定を受けているのが良いと思います。そして、とりあえずそのお店で売るかどうかは即決しません。他のお店と比較をする為に、あえて返事待ちにします。

 

その後で南に進んで、先ほどの交差点に行きます。そこにも買取店が1件ありますので、同じく査定を受けます。そのお店も上記と同様で、即決しない方が良いと思います。

 

出典
スイフト買取

 

交差点の東側で査定を受けて最後にガリバーに車を見てもらう

 

 

そして交差点の付近で査定を受けたら、今度は東側に進みます。そのエリアがポイントですね。実はそこには、かなり多くの車買取店があるのです。しかもかなり大手のお店が多く集っています

 

まずそのエリアの一番東側にあるお店で、一度査定を受けるのが良いと思いますね。そこで査定を受けたら、また返事待ちにします。このように、順次その付近のお店で査定を受けています。

 

そして西側に進むとガリバーの店舗が1件あるのですが、一番最後にそこで査定を受けるのが良いと思います。そして他の業者から伝えられた金額をガリバーに提示すると、思わぬ高値が付く可能性もあります。そこで他のお店よりも高い金額が提示されたら、ガリバーで売却をすると良いでしょう。しかし他のお店の方が金額が高かったら、ガリバーではなく別の所で車を売る方が良いと思います。

 

このように江戸川区の南部エリアで車の査定を受けるならば、北、交差点、その西のお店、ガリバーという順番で買い取り業者の比較をしてみるのが良いと思います。